ガッツポーズをする女性看護師

あくまで緊急

サムズ・アップする男性医師

アフターピルは、緊急避妊薬とも呼ばれます。緊急避妊薬というからには緊急時に使用するもので、性行為後に妊娠の心配がある場合に病院を受診し、状況を医師に説明して、処方してもらうことができます。東京内、東京近郊であれば人口も集中しているので、多くの婦人科が存在し、アフターピルの処方にも対応しています。もしもの事態にそなえて、東京近辺に住んでいる人は東京内の婦人科をチェックしておくのが望ましいといえます。

アフターピルは、正しく飲むことで避妊の確率を大幅に上げてくれる薬です。しかし、何度も何度も使用していいものではありません。なぜなら、アフターピルはホルモンバランスを強制的に乱し、生理を起こさせる薬だからです。吐き気を起こすという副作用以外にも、ホルモンバランスの乱れによってその他の体の不調を伴うこともあります。あくまで避妊に失敗した際の最終手段として考えておき、最初からアフターピルに頼ろうとはしないことが大切です。

もちろん、アフターピルはあくまで緊急用の薬ですので、一般的なピルと同じ効果があるわけではありません。そのため、アフターピルを一度飲んだからといって次の性行為も大丈夫、とはならないので注意が必要です。きちんと、普段から避妊を心がけることが大切です。

日本の避妊はコンドームが一般的ですが、これは男性がやるものなので、女性が自分でできる避妊として、ピルを服用するというものがあります。アフターピルを一度使用したあとであれば、低用量ピルがおすすめです。また、ピルは体に合わないという人もいますので、その場合は、子宮内避妊器具を使用することもできます。